会社案内制作

HOME > 形状・スタイル > 観音開きタイプ

観音開きタイプ

前述中綴じタイプの会社案内で、ページの片側を観音開きするタイプです。 8ページに1ページを片観音とすると2ページ分増えるので10ページ構成が可能となります。12ページの場合+2で14ページとなります。
この効果は観音開きで全開すると3ページ見開きになり、大きくインパクトあるデザインビジュアルが可能となり、システムや仕組みを3面見開きで表記できるため、説得力あるものとなります。 会社案内としては紙面の使い方によってグレード感を高められるタイプになります。